浮気の気配を感じたら読むサイト。
浮気は意外なところでばれてる話や、浮気の証拠のつかみ方などを紹介しています。

「夫の様子に最近不審なところがあるの」と夫の浮気を疑ったことのある人はいらっしゃいませんか?
配偶者の浮気が原因で家庭崩壊、そして離婚。まるでドラマのようですが、これをフィクションであると笑うことはできません。

あなたの旦那さん、パートナーが最近仕事の帰りが遅い、外食して帰ってくる事が目に見えて増えたとか、ケータイを家でも常に持ち歩いている、浮気をしている人の行動と照らし合わせて当てはまることが多くて、どうしていいのかわからなくなってしまう人もいます。

本当に浮気をしているのなら、本人に直接聞くのが一番の解決方法に思われますが、確たる浮気の証拠もなく追及しても、言い逃れされたり警戒されるだけです。

だからといって、そのまま放っておくには不安な気持ちが増すばかり。浮気なんてしていない、そう信じてパートナーと生活を共にしている人もいるでしょうが、これはあまり健全とは言えないのではないでしょうか。

そこで、まずは浮気調査をしてみようと思ったはずです。相手の毎日の行動パターンを調べることができて、浮気の気配や不安な気持ちを解消できるかもしれません。

浮気調査で手に入れた浮気の証拠で、夫を自分の元へ取り戻したり、夫へ離婚を切り出すきっかけになったり、慰謝料請求の準備に役立てることができます。

しかし、全ての証拠が浮気を立証する証拠になるとは限りません。

浮気の証拠でも、浮気相手とメールのやりとりをしていたと思われるメール文や、浮気相手の物と思われる女性物の小物が車に落ちていたり。

こうした状況証拠をいくら集めても、浮気を決定づける証拠とはなりません。

パートナーの浮気を追及するなら、どんな浮気の証拠が必要で、浮気の証拠を手に入れるにはどうしたらいいのかを知る必要があります。


浮気を知る方法には、大きく2つの手段があります。

1.探偵に浮気調査を依頼して調査してもらう。
2.自分でパートナーの浮気調査をする。

1.の探偵に浮気調査を依頼する場合、浮気の証拠集めを全て探偵に任せることができます。

ただし、浮気調査を探偵に依頼するなら、パートナーの普段の行動をある程度前もって調べておく必要があります。
その手間はかかりますが、自分が動くには時間的な余裕がない場合など、多少費用はかかりますが、有効な手段であるといえます。


また、2.の自分でパートナーを浮気調査する場合、浮気調査の全てを自分の手で行う必要があります。

自分で浮気調査をする方法は調べてみると色んな方法を見つけることができると思います。その中から自分でも実行することができる浮気調査の方法を見つけることが大事です。

それと、パートナーとは生活を共にしているため、相手に不信感を抱かれないように行動のパターンには細心の注意を払う必要があります。

浮気をしている人のなかには、警戒心が強くなっている人もいるので、そうした人の浮気調査を自分で行う場合より注意して実行する必要があります。

女性が男性の浮気を疑ったとき、高い確率で本当に浮気をしていると言われることがあります。
安定した時を過ごした経験から、不穏な行動のパターンに感じやすいに反応し、気付くのかもしれません。子供もまた、両親の行動のパターンや心の変化は、大人が思っている以上に感じやすいものです。

パートナーの気になる行動のパターンや懸念を感じたら、こじれる前に、自分で確認してみる、探偵に浮気調査を頼んでみるなど、手を打つことが、安定した家庭生活を送る為、再出発を円滑に始めることにつながるのではないでしょうか。





(C)浮気調査のいろんな話